料理の素を使って手軽にフィリピン料理を作ろう!野菜カレカレ編

フィリピン料理作ってみた

こんにちは、暗中モサ子です。

今回は、新企画!フィリピン料理の素を使って、お手軽にフィリピン料理を作ろう!の第一弾、「カレカレ」編です。

※追記 「カレカレ」を作ったつもりでこの記事を書きましたが、モサ子が作ったのは「野菜カレカレ」でした。手に入れた素が、「野菜カレカレ」の素でした。以下は、野菜カレカレの話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

思い立った理由

自分でフィリピン料理を作ることを思い立つまで、色々あるのですが、ざっくり言うと、

 私、フィリピンにイマ一つ馴染めていない
➡そう言えば、フィリピン料理をあまり食べたことがない
➡創作フィリピンレストラン「manam」で食べてみた
➡美味しかったが、味つけが濃すぎた
➡自分で調整してみよう!
フィリピン料理の素を使えば、料理下手でもフィリピン料理が作れるかも。
フィリピン野菜を使うから、食費も少しは節約できるかも!
とまあ、こんな感じです。
「manam」は、創作フィリピン料理店。フィリピン人だけでなく日本人にも評判が良いので、失敗のリスクが小さいと思い、一般的なフィリピン料理店ではなく、創作フィリピン料理を試してみました。
ちなみに、モサ子の料理の腕はイマイチ・・・。
普段料理をする際も、「めんつゆ」を愛用しています。汗
そこで、自宅で作る際も、失敗を少なくするため、お手軽なフィリピン料理の素を使うことにしました。
また、フィリピン料理を自作するといくらかかるか気になったので、安く抑えられるのではないかという期待も込め、材料費も算出してみました。

カレカレってどんな料理?

Wikipediaによると、
”カレカレ(Kare-kare)は、シチューに似たフィリピン料理である。ピーナッツソース、様々な野菜、牛テール、牛肉、そして時にもつやトライプ(胃袋)を使って作られる。肉としては、ヤギ肉やまれに鶏肉も使われる。しばしばエビのペーストと一緒に食べられる。トウガラシで味付けしたり、カラマンシーのジュースがかけられることもある。”
さらには、
フィリピン人には国民食海外に移住したフィリピン人も好んで食べている伝統的にフィリピン(特にパンパンガ州)の祭りはカレカレがないと終わらないとまで記載されています。
なるほど、フィリピン人には欠かせない料理なのですね。

モサ子が行ったレストラン「manam」では、海鮮のカレカレを食べました。エビのだしと濃厚なピーナッツソースが印象的でした。ご飯がすすむ味でした。

カレカレの素を手に入れる

フィリピンの国民食であるカレカレ。スーパーの調味料コーナーに行けばすぐに見つかります。同じカレカレでも複数のメーカーが出しており、微妙に味も違いそうです。

今回、モサ子が選んだのはコレ。Mama Sita’sというブランドのものです。いかんせん初めてなもので、このブランドが一番種類が多かったという単純な理由で選びました。

※追記 このパッケージの『Gulay』と書いてある部分が、タガログ語で「野菜」という意味でした。

原材料は、

ピーナッツスターチ米粉きび砂糖アナトー色素グルタミン酸ナトリウム

アナトー色素というのは、紅の木の天然着色料。また、グルタミン酸ナトリウムは、うま味調味料だそうです。

材料は?

 

3~4人分
カレカレの素 30g
玉ねぎ 中・1個
ニンニク 小・2かけ
適宜
さやいんげん 約10本分
バナナの花 小・半分
200ml
チンゲン菜 1株
ナス 小・2本
鶏ささみ 250g

『Mama Sita’s』のパッケージ裏に記載されている材料に加え、暗中家の冷蔵庫に残っていた「鶏ささみ」も入れてみました。野菜がたっぷり入ります。

※追記 野菜カレカレですからね、野菜たくさん入りますよね。汗。

早速、調理しようと思ったのですが、あるものに手こずります。

初めて食べるバナナの花

カレカレの素のパッケージの裏に、材料が書かれていて、その中にあったのが『Banana Heart』。

スーパーの野菜売り場に売っていました。今まで、タケノコだと思っていた物でした。

家に帰って調べると、『Banana Heart』とは、バナナの花だということが分かりました。

タケノコのような見た目の、トウモロコシのような柔らかさを持つ皮をむくと、根元に小さく細い物が10本くらい。また皮をむくと、そこにも小さく細い物が10本くらい。この、小さく細い物がバナナの実なんだそうです。

そして、この実は食べても美味しくないそうです。

ではどこを食べるのか。

皮をどこまで剥いても、小さな実と皮ばかりなので、大きさが買ってきた時の半分くらいで、やわらかそうに思えたくらいで剥くのをやめます。

半分にしたものがこちら。

空気に触れるとすぐに黒くなってしまうので、レモン汁または酢水につける必要があるそうです。

半分ほど皮を剥いたものなのですが、外側はまだ硬そう。切り口の繊維質も多く、本当に食べられるのか、筋張ってたべられないのではないか、不安になってきました。

できるだけ細く切って、酢水につけた物がこれです。

ごぼうのような・・・。

入れるかどうか迷いましたが、パッケージにも材料として載っていることだし、イチかバチか入れてみることにしました。

野菜カレカレの作り方

1.油が冷たいうちに潰したニンニクを弱火で炒め、香りが出たら、薄切りにした玉ねぎを加えて炒める。

2.2センチほどに切ったさやいんげん、薄切りにしたバナナの花、一口大に切った鶏ささみを加え、炒める。

3.水1カップ、カレカレの素1袋を入れて煮る。

4.輪切りにしたナス、ざく切りにしたチンゲン菜を加える。

5.ソースが濃くなるまで煮る。水を追加で100mlまでは加えてもよい。

果たして味は?

野菜や肉などの具の量に比べ、初めの指示通りの200mlだけでは、水分が少なすぎたため、追加で100ml水を加えました。

そのせいか、「manam」で食べた、濃厚なカレカレとは全く違い、サラッとした具だくさんのスープまたは味噌汁のような感じになりました。それでも、ピーナッツの味が残っていました。

この、ピーナッツの味が子どもに好評で、「おいしい」と言って、野菜も食べてくれました。

心配していたバナナの花は、柔らかく煮込まれていました。筋張ったところもなく、キャベツを煮た時のような食感でした。色は、煮込むとさらに黒くなり、ナスの皮よりも黒くなってしまいました。

かかった材料費は?

今回の料理で使用したものの金額を計算してみました。1ペソ2.1円で換算しています。

3~4人分 (ペソ) (円)
合計 153.45 330
カレカレの素 30g 16.25 35
玉ねぎ 中・1個 12.64 27
ニンニク 小・2かけ 1 2
適宜 0
さやいんげん 約10本分 15 32
バナナの花 小・半分 10 22
鶏ささみ 250g (77.26) (166)
200ml 0
チンゲン菜 1株 10 22
ナス 小・2本 11.3 24

3~4人分で、153.45ペソ(約330円)でした。カレカレの素のパッケージには、材料に鶏ささみが含まれていなかったので、モサ子が勝手にアレンジした鶏ささみ分を省くと、76.19ペソ(約160円)でできます。

今回、材料を購入したのは、『Rustan’s』というスーパーマーケットです。市場などで購入すれば、材料費はさらに安くできると思います。

フィリピンのスーパーで見かけるいんげんは、短いものと長いもの(長マメ・ささげ)がありますが、今回は扱いやすさから、短いものを使いました。値段は同じくらいでした。

チンゲン菜は、台湾由来のものとフィリピンのものと2種類あります。台湾由来のものは、日本でよく見かけるチンゲン菜で、茎が太く、平たいものです。フィリピンのチンゲン菜は、茎が細く、少し厚みがあり、長さは短めです。茎の部分は白色で、葉が緑。今回はフィリピンのものを使いました。フィリピンのチンゲン菜の方が安かったです。

モサ子の感想

フィリピン料理にほぼ馴染みのない私が、初めてフィリピン料理に挑戦しました。

結果は、”意外といける”。

バナナの花には手こずりましたが、調理してみると悪くなく、子どもも野菜とともに喜んで食べてくれたので良かったです。見た目はイマイチで、野菜もゴロゴロ入っているので、子どもは嫌がるかなと心配でしたが、意外と気に入って食べてくれました。ピーナッツ効果でしょうか。

鶏ささみ肉を入れなければ、3~4人前が約160円でできます。具だくさん味噌汁やスープの一つとして、時々食事に取り入れていけると思いました。

※追記 今回は、「カレカレ」を作るつもりで、間違えて「野菜カレカレ」の素を購入してしまい、そのパッケージに記載されている作り方で作ったので、「野菜カレカレ」が出来てしまいました。とてもヘルシーで、野菜カレカレも良かったです。今度は、本当の「カレカレ」を作ってみたいと思います。